偶像たちが目にしみる

あなたに心奪われながら 僕は生きてもいいですか

ジャニオタ、日プ2を観る

久々の更新です。

 

このブログを見てくださる方は大方私のツイートも見てくださっている方だと思いますが改めて。

 

 

 

最近、『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』を見始めました。

 

 

 

サバイバルオーディション番組と呼ばれる類のもので、主役はアイドルを目指す101人の少年~青年たち。
視聴者=国民プロデューサーの投票によって彼らは回を重ねるごとに人数が絞られていき、最終的には11人のグループとしてデビューが約束されます。

 

 

現在、元々101人だった練習生が徐々に絞られていき、現在の候補生=練習生は40人。

 

 

ちなみに言うまでもないですが、SEASON1で選ばれた11人は『JO1』としてデビューし華々しく活躍中。
(ちなみにSEASON1は未視聴でJO1についても全く知識がありません…。白岩さんがフォロワーの推しということくらい…)

 

 

そんなSEASON2から国民プロデューサーになったジャニーズJr.のオタク的気になる練習生のお話がしたい。

 

 

言うたらこの40人たち(現時点)は、近い将来自担と市場を争う競合相手の卵。

 

競合他社のオタクから見てこの人材はアツい…と感じた方々7人を並べました。

 

 

 

布教目的ではないので画像も動画リンクも貼りません。各自自己判断で沼に落ちてください。



 

 

あとバカオタクなので、『最強な自担に最強な競合他社をぶつけたい!!』という、スーパー戦隊仮面ライダーを戦わせたいみたいな気持ちもある。

 

 


※この先あくまで個人の見解・意見です。

 

 

それではレツゴー!

 

 

 

 

木村柾哉
SEASON2のエース。
様々な経歴を持つ練習生の中で最初1位と聞いて「誰?!?!?!」となった。ダンサー時代から有名な方なんですね…。
でもやっぱ見ていくうちに納得…というか、うまく言語化できないけど佇まいにセンターとしての説得力を感じる…。
何より『無限大』のプロデュース力は圧巻!!プロデューサーとセンターを兼任できる人材ってJでもなかなかいない気がするので、そういう側面でも重宝される人材だと思う。

 

 

尾崎匠海
誰が見てもイケメン。「俺イケメンなんで」と言ってあぐらかいてても誰も文句言えないくらいイケメンなのに、歌もダンスもレベル高くてもうどうしようもない(?)
最近前髪が伸びてきて何故か私がホッとしている。
これまではダンスも歌もできるオールラウンダー、優等生のイメージだったけど、それゆえに殻を破れないでいた7話の涙のシーンや、最近のビハインド動画などでのヘタレな姿も度々見るようになって以降、突然の尾崎株上昇現象が起こってしまった。
私にとってオタクの本能的に好きなのは宮下くんで、今後を見たいのは藤牧くんで、この2人は正直今後どこで活動しようと追うと思うけど、この番組で輝く姿を、この番組からデビューする姿を見たいな…と思うのは尾崎さんで、2pick制の時は時々ですが投票させていただいていました。

 

 

 

 

藤牧京介
1pickの宮下くんが脱落してしまった今、私にとって唯一の光。宮下くんがこの番組で初めて組んだグループに彼がいて、歌を教えてくれた。
この声を勝ち取ったらもうデビューグループに怖いものはない。

音が鳴り、マイクを握り、息を吸った瞬間に、その表情は別人のように生き生きと輝く。心から歌うことが好きだと、自分は歌うために生きているんだと、言葉にするよりゆうにその姿が雄弁に語る。

歌詞を読み上げるような、いわゆるエモーショナルな歌い方ではないけれど、その歌声には余白がある。

その余白に、聴いた人が感情を乗せて心を震わせる。

さらに藤牧さんの魅力的な『余白』は歌のみならず、その佇まいにある。

どうしてアイドルのオーディションを受けたんだろう。

今何を思っているんだろう。

そういった、彼の内なる感情や思惑が番組内ではあまり読めなくて、それゆえに深みにはまってしまう。

今私が少し怖く思うのは、彼の言動に生じる余白にこちら側が『理想の藤牧くん』を嵌め込んでしまいやすいこと。

(現に、年相応なやんちゃな面が見えるたび、従来の控えめなイメージとのギャップにインターネットが揺れた瞬間が何度かある。ギャップ萌えで済めば強みになるけど、ファンが行きすぎるとその首を絞めかねないなと密かに危惧している)
そして、Jの子達にすらあまり感じなかった『大野智さんぽさ』をこの人からはどことなく感じる。(怒られそう。すみません)
アイドルが「みんなの王子様」だった時代では、ここまで早い段階でここまで高く評価されなかったのではと思う。
技術のある子はごまんといて、いつでも誰でも誰かのアイドルになれるこの時代に、藤牧京介は見た者を「この子は私だけのアイドルだ」と思わせる。
もっとこの子の先を見たい!絶対に私が幸せにしなければ!という使命感を100万人に抱かせてしまう、たいそう罪な男。
この日プという企画の本質を最も味方につけている。
藤牧、私は見えるよ…数年後、タカさんに耳打ちされて歌番組で中居さんと乱闘してるあんたを…!!

 

 

 

番外編:KENZO(?????)
ダンストレーナー
この番組の出演者の中で一番顔が好み。(私のリアコ枠・インパの影山くんに似ているので)
でもレッスン中はキレ散らかしてばかり(というかそういう場面ばかり切り取られがち)で国プから敬遠されていて少し悲しい。
本名がケンゾーではないことが一番のびっくりポイント。

 

 

 

田島将
何を隠そうこの人こそが私が日プを見るきっかけを作った人。
Jr.時代に応援していた田島くんが紆余曲折を経て日本でまたアイドルを志してくれたということで、投票くらいは力になりたいな、と思ったらどんどん番組にハマってこんな有り様になってしまった。
本人からしたら不本意かもしれないけど、その経歴から関心を持ってファンになってくれる層が一定数いると思うし、そういう人を簡単には離さない実力がある。
オンタクトの時から放っていた並み外れたオーラは、単に芸歴が長いだけでなく、この日プに懸ける強い思いが彼に与えた翼なんだと思う。

 

 

篠原瑞希
上位メンバーが大人っぽい曲やダンスナンバーで勝負をかける中、現役高校生を集めて番狂わせの大優勝、DKの乱を起こした偉人。
辞めジュなの存じ上げなかったけど、並みならぬプロ意識とプロデュース力と魅せ方を見れば納得する。アイドルを愛するアイドル、のステージの立ち方をしている。Jの遺伝子も感じるし、なぜかハロプロの遺伝子も感じる。これは玄人オタクに刺さる(確信)
そのままJに居てくれたらどうなってたのかな、と思うけど合いそうなユニが思い浮かばねえ。でもあの大きな事務所を離れて得たものは篠原Pしか持っていない強みだと思うし、日プという場所に留まらずアイドルとして活躍できる素養を感じる。

 

 

松田迅
「絵画じゃん?!?!?!」
「えっ 何………………………………?」
『Your number』のパフォーマンスは見る者の語彙力を奪う。(参照:はんにゃ金田)
Jr.のオタクよく聞いてくれ。そして全てを察してくれ。なんと彼、02LINEです。
ステージ上では美しく舞い、ステージを降りれば仲間想いのムードメーカー。
特別推しているわけではなくとも、立ち上がって他のグループのパフォーマンスを盛り上げる姿、脱落してしまった練習生に駆け寄って泣き崩れる姿が目に留まる。
他の練習生のことをまるで自分のことのように、あるいは自分のこと以上に一喜一憂する熱い男、それがMJ。
できることなら宮下くんと同じグループでパフォーマンスしてプリキュアみたいに最強になるところが見たかったです。
たぶん同じ原材料を沖縄の日光に当てて育てたのが松迅で、東京のブルーライトに当てて育てたのが矢花黎かなと思う。

 

 

宮下紀彦

f:id:ksgw___8:20210513203710j:image
f:id:ksgw___8:20210513203729j:image
f:id:ksgw___8:20210513203748j:image
見てくれこの素数
平成の人類のキセキが山Pなら、令和の人類のキセキはのりぴーです。
練習生が公開された時点で一目惚れ。1pickになった決め手はこちら。

f:id:ksgw___8:20210513203815j:image
他の練習生が可愛い自撮りやお洒落なスナップを載せるなか、堂々と1枚目に躍り出たゴリゴリの朝食。
朝日のように降り注ぐ確信。この男は『信じられ』る…!!!!!!
その気品のある端正な容姿から国プにつけられたあだ名は『宮様』。ファンダム(ファン)の名称は『宮仕え』。
しかし彼の魅力は番組が開始してからが本番。美しい顔に色とりどりの表情を乗せ、小柄な身体でステージを跳ねる。
未経験ながらも軸のあるパフォーマンスは、鍛え抜かれた体躯によるもの。
口を開けば一に筋肉、ニに筋肉、三、四がなくて五に筋肉。

f:id:ksgw___8:20210513221448j:plain

f:id:ksgw___8:20210513203946j:image
元々小柄で足が長いから座高が低くて、座ると練習生の中に埋もれて見えなくなる。

f:id:ksgw___8:20210513203908j:image
そして何よりファンや周りの支えてくれる人へ常に感謝を絶やさない。番組内での涙の理由を聞かれた際のこの回答を抱き締めて私は一生生きていける。

youtu.be他の練習生からは「のりぴー」と呼ばれ、年下からも可愛い可愛いと愛でられる、S2に咲いた1輪の花。f:id:ksgw___8:20210513204107j:image
まさに未来しかない、愛される宿命しかない、これからの化け方が楽しみな練習生、でした。
でした、と過去形で綴らなくてはならないことが今でも悔しい。
内心、年齢的にもこれが最初で最後のチャンスだったのかも、と思っていたけど、最後のコメントで『待っててください』と言ってくれたのが嬉しい衝撃でした。
ありがとう宮下紀彦くん。
番組はこの先も続くけど、ずっと自慢の1pickです。

 

youtu.be

youtu.be

 


はい。

 

すみません。

 

最後だけ、手が勝手に画像と動画リンクを貼ってしまいました。

 

 

以上が私的に今後の動向が気になる7人です。

 

 

 

 

では。

 

f:id:ksgw___8:20210513210054p:plain

アイキャッチ用。