偶像たちが目にしみる

あなたに心奪われながら 僕は生きてもいいですか

生涯丼数

きそがわです。

 

最近ブログの更新率が下がってしまったので、ジャニーズJr.を見習って普段使いもしていこうかと思い立ちました。

 

 

本髙さんの生涯麺数のお話に胸を打たれしばらくが経ちました。

 

生涯にどれだけ好きなこと・ものを見て、食べて、過ごしてというのは意外に数えられる程度なのかもしれない。本髙くんにとってその矛先が麺であるだけで、いくらでも汎用性のある理論だ。

 

 

映画や本の生涯本数、生涯現場数、などなど、好きなものだからこそひとつひとつを大切にしていくことで、ちょっとずつ幸せになっていける。

 

今までは何気なく費やしていた時間を、好きなもののために使って生涯○数を増やしたい、と考えるようになった。

 

やっぱり、本髙くんはいつも正しい。

 

 

 

麺と言えば、以前仕事の休憩中にカップ麺を食べていた時に「きそがわさんってカップ麺とか食べるんだ」とか言われた。

 

きちんとした食生活をしていると思われているのは何よりだけど、そんな他者がなんとなく発した言葉に、なんとなく疲れて、なんとなくそれ以降休憩中にカップ麺を食べることはなくなった。

 

矢花さんが言うところの、自己像と理想像の乖離、というやつかもしれない。

 

 

素の自分と、周囲から見た自分とのギャップに苦しむ、という葛藤は、例えば芸能人であるとか文化人であるとか、その名を広く知られるような人にとってのもので、なんなら、贅沢な悩みだな、とさえ感じていた。

 

 

自分の中でその概念が崩れたのが、今から1年ほど前。とても私を気に入ってくれた人と出逢ったことがあり、周囲から「昨日○○くんと会ったけど、ずっときそがわさんの話してたよ」と報告されるようになった。

 

 

本人からもきそがわさんみたいになりたいです!とか会うたびに言ってもらって、珍しいこともあるのだな、と思いつつ内心めちゃくちゃ嬉しかった。

これまで私が作ったものに対して褒めていただくことはあっても、私自身に興味を持たれることはあまりなかったから。

 

しかし会うたびに話すたびに不思議な感覚に苛まれていく。

 

 

互いに目を見て話しているはずなのにまったく目が合わない。彼が見ているのは私の皮を着た別の誰かで、私ではない。

 

まさに、「自己像と理想像の乖離」が起こった瞬間だった。

 

 

その時、他者にとっての偶像となるには相当の覚悟が必要なのだと思い知った。

その覚悟を持った者にのみ、偶像という肩書きは与えられる。

 

 

だから、「アイドルってすごい」。

 

 

 

そして矢花さんが仰った通りに、どんな人間にもたくさんの顔がある。

 

学校や職場、対友人、対家族。

 

それはまるで衣服のようで、どこに行ってもサイズの合わない服ばかり着てしまう私にとって、着たいものを着て人前に立てる人が心底羨ましく、眩しい。

 

 

 

一番好きな映画に、このような台詞がある。

 

 

お前も俺もみんなも、それぞれが知ってるサトルしか知らないんだよ。だからみんなが知ってるサトルなんて誰も知らないし、そんな奴この世には存在しないの。

ー『パレード』

 

 

私の見ているアイドルは、私しか知らないアイドル。

それは捉えようによっては尊く、捉えようによっては虚しい。

アイドルに限らず、私は誰かのすべてをわかることは出来ないし、

反対に私のすべてを誰かに分かってもらえることもない。

 

そう思っては忘れて悩んで泣いて、また思い出して諦めてを、矢花さんよりいくつか歳上で、ずっと狭い世界で息をしている私も繰り返してしまうし、

貴方が抱えているその葛藤はとても美しいものだよ、矢花さんにはお伝えしたい。

 

 

 

 

追記。

 

本髙さんに対抗して、生涯丼数を増やしていこうと思います。

ローストビーフ丼。

f:id:ksgw___8:20210529205954j:image