偶像たちが目にしみる

同業者に疎まれるタイプのオタクです

【随時更新予定】勝手にUC(うしろシティ)新語・流行語大賞2017

早くも、味をしめてまたやってしまいました『勝手にUC流行語大賞』。
随時更新という形で今年も密かにチマチマやっていければ…と思っております。
また、これはファンの総意ではなく、いち孤リスナーが半笑いでやっているものですのでご了承下さい。前回同様、ファンの方は備忘録程度に、ラジオやテレビで気になってググったらこのブログに来てしまった方、ようこそ。うしろシティを知る材料になれれば幸いです。

順番は大体時系列順に。


★LOST
阿諏訪が今さらハマっている海外ドラマ。また、それを基にした冠ラジオ『星のギガボディ』内の企画。
無人島に漂流した主人公たちのサバイバルな日々を描いた作品だが、キャンプマスター阿諏訪からすれば『全然シャバい』とのこと。
ラジオのコーナーとしては、前身番組デブッタンテから続く人気コーナーであった『フリースタイルダンジャレ』が作家の気まぐれスペシャルウィークの革命により終了し、新企画としてスタートした。主人公が何を警戒しているのかを投稿する大喜利的なコーナー。


★金子ぶりっこ裁判
2月に行われた『仁義なきネタライブ』より。アルコ&ピースうしろシティ、ハライチのTBSラジオ24時台三兄弟によるライブで、事前にリスナーから彼らへの意見を募集したところ、『金子がかわいこぶっている態度が目に余る』という旨の意見が殺到。金子被告の有罪は確定し、常習犯であることから執行猶予無しで平子さんとアメカジの服を買いに行くの刑に処された。処刑の様子は平子さんや被告のTwitterにて公開されている。



★トンカツと唐揚げの均衡
2月に行われた『他力本願ライブ』より。リスナーが投稿したネタ2本が実際に芸人たちによって披露される。
ここで物議を醸したのがうしろシティの2本目。妻の浮気調査を探偵(金子)に依頼した夫(阿諏訪)のネタだが、衝撃の結末に観客が震え上がり、以降唐揚げを食べる時に躊躇するリスナーが後を絶たない。
今日も何処かでトンカツを揚げる音が聞こえる…………。


★ギガボディ星移住計画(レリゴー放送)
ラジオ『星のギガボディ』より。金子曰く、普段はガボディ星という惑星から配信しているため時差が生じ、録音放送でお届けしているというこの番組。しかし、ギガボディ星が地球に接近することになり1日だけ生放送が可能になった。生放送とはすなわち、ありのままの姿。つまり『レリゴー放送』なのである。
そして単なる生放送だけではない。この接近のチャンスを利用して、地球の生活が辛いリスナーを集めて皆でギガボディ星へ移住しよう!という呼び掛けも行われた。
とか言ってたら本当に放送日ぴったりにこんなニュースまで飛び込むミラクルが起こり、満を持して世紀の天体ショーは幕を開けたのだった。
交通機関もない真夜中にガチで集められたリスナーたちは、ギガボディ星歌『レリゴー』を歌い、赤坂に佇むウルトラマン像を目覚めさせ、ギガボディ星へと移住を果たした。
その後、彼ら、彼女らがどうなったか?それは誰も知らない………。
ただ、こんな茶番をやったわりにネットニュースのひとつにもならなかった。


twitter.com


★キンキダム
ラジオ『星のギガボディ』の人気コーナー『こんばんは!全国』より。全国のリスナーから各都道府県の耳寄り情報やお国自慢を募集することで、番組のネット局を増やす足掛かりにしようというのが当初の目的。
だが、三重県のリスナーによる『三重の名物は全て東海地方のジャイアン・名古屋に奪われる』というメールを皮切りに、『東海地方が辛いならぜひ関西に』『いや我々と手を組み名古屋を倒そう』などと近畿地方を中心とした三重県を巡る熾烈な争いに発展した。その『キングダム』のような展開は『キンキダムと名付けられ、次第に東北帝国、山の民(埼玉、群馬)等東日本勢も加勢し大いに盛り上がりを見せたが、あまりに他県が盛り上がりすぎて三重県がドン引きし、名古屋とも和睦(?)し終止符が打たれた。
そして次回作として発表されたのが『東京23区ダム』。果たしてキンキダムを越える伝説は生まれるのか?!


★すぐそこの異国
JR東日本新潟駅に突如貼られた金子の出身地・津南町を宣伝するポスターの謳い文句。リスナーのメールにより発覚し、新潟県出身とされていた金子のプロフィール情報を大きく揺るがすこととなった。
津南町については、冬場につららを食用にする、焼いた餅を持ち歩きカイロ代わりにするなどといった国特有の独特の文化が報告されている。


津南町観光協会公式サイト「津南彩発見」


★もう言葉はいらない
チバテレビ『白黒アンジャッシュ』より。うしろシティをゲストに迎え、2人の出逢いから結成秘話、阿諏訪がサイゲン大介、金子の母国(前述の通り)のエピソードなどが2週に渡って披露された。
上の発言は、コンビ結成を持ち掛けたのはどちらかという問いに対する金子の答えで、『既に2人でネタを考えていたし、密に連絡も取っていた』ため、『だからもう、言葉はいらな』かったそう。
また番組の内容の濃さにファンももう言葉はいらなかった。


釣りバカ日誌
なんとあの国民的作品にうしろシティがゲスト出演。役柄は主演の濱田岳さんとその上司役の吹越満さんの前にさりげな~く通りかかり、大地真央さん演じるやり手女社長のブラックな噂をさりげな~く流す営業マン。人気俳優を前に堂々たる演技力を発揮した。(多分)
www.tv-tokyo.co.jp