読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偶像たちが目にしみる

同業者に疎まれるタイプのオタクです

阿諏訪、俺を呼べよ。(KOC2016準決勝を終えて)

キングオブコント準決勝が終わりました。

 

エントリーした芸人の皆さん、ファンの皆さん、お疲れ様でした!

 

わたしはうしろシティアナクロニスティックを応援していましたが、うしろシティは準決勝敗退、アナクロニスティックは1回戦敗退、という結果でした。

 

それぞれの結果を、とくにうしろシティの結果を知ったときはめちゃくちゃショックで、谷川俊太郎状態でした(この気持ちはなんだろう?)
実際に準決勝は観に行けず、レポ待機組だったので実感もわかなかったし。

 

わたしはうしろさんが決勝に行くと信じてました。

 

準決勝レポで単独でおろした「自転車」をかけて、冒頭はどっとウケたけど中盤の中弛み感があった、という話を聞いて、ちょっとやばいかな、と思ったけど、それでもあのふたりなら大丈夫だろうと思うところがありました。


なにより、うしろシティのコントが大好きだから。


「普通の人の変なところが好き」

ふたりのコントの礎でもあるその言葉がすごく好き。

勝たなきゃというよりかは、この人たちがもっとたくさんの人に愛されなきゃおかしいだろ、くらいには思っていて。いまも。

 

15日の角座でのライブでは、金子さんがあの赤いTシャツを見せびらかしに来て、あすわさんがそれを笑いながら応援よろしくお願いします、と言って、恒例の賞金の使い道とか、優勝できなかったときの公約とかをぐだぐだ話すものだと思ってました。それを聞きに行くつもりでチケットも取った。

 

さらばの森田さんが仰っていた「4年連続ファイナリストなのに、あまりウケなくてもとりあえず準決勝に行かせてもらえるほどの評価が自分達にはなかった」という言葉がいますごーく染みる。

 

わたしは、うしろさんにならその評価のされ方をしてもらえるんじゃないか、多少の中弛み感があったとしても、決勝に行かせてもらえる何かを今のうしろシティは持ってるんじゃないか、と思ってました。

 

キングオブコントの決勝を放送するのはTBS。TBSラジオで満を持した二人の新番組が始まるし、阿諏訪さんの話題性もある。それはネタの不完全さを補って余りある今のうしろシティの強みだと。


でもそんなのはただの野暮で、この戦場では通用しなかったんだ、決勝に出られないというのは優勝できないということなんだ、と、やっと気付きました。

 

そして放送されたきょう4時のデブッタンテ
前半のうしろシティのターン(準決勝の前に収録されたのでまだソワソワしているふたり)。
徳島の高校の学園祭のサプライズゲストとして呼ばれるも知名度が足りずあまり盛り上がらず生徒達を困惑させてしまった、だから今年こそKOC優勝してサプライズゲストの名に恥じないコンビになりたい、と語る金子さん。

 

俺の好きなC.W.ニコル。(関係ない)(ここ好きだった)

 

阿諏訪、俺を呼べよ。(ここで私の頭の中で流れ出す「前前前世」)

 

\9月10日のうしろシティ~!!!!/(ここで時空が歪む)

 

阿諏訪:……何とですね、残念ながらファイナリストにはなれませんでした(テンション通夜)
金子:……………………
阿諏訪:金子、言えよ、「死んだ」って
金子:……………………
阿諏訪:本当に全員面白くて
金子:いや俺達の方が面白かった
阿諏訪:(笑)尖んなって!尖んなって!
金子:審査員何も分かってないな(小声)、時代が悪い
阿諏訪:時代が悪い(笑)俺達は悪くない(笑)
金子:情けないっすよ
阿諏訪:受け止めましょうよ
金子:月曜日の段階でマジで行けると思ってた
阿諏訪:反応良かったんであると思ってたんですけどね
金子:記者会見もあるからキレイめの服も着ていって
阿諏訪:その辺がダサいよね(笑)今になってクる

 

はーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

くやしい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!くやしいよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

もうKOCなんてこっちから願い下げ(でも来年も出てよ!というわがまま)くらいの気持ちで突っ走ってくれうしろシティ!!!どんな畦道でもどんな速度でもついてく所存だからさあこっちは!!!!!!!!!!!!

 

 

ということです!現場からは以上でした!


<追記>

この記事書いた直後に金子さんがスタンプクリエイターになってて「はぁ?!?!(爆笑)」となりました。どこまでがうしろシティのコントなんだろうか。

大好きです、うしろシティ